もすてぃんの感じることブログ

新卒1年目の肌黒男。日々感じたことを書いていきます。好きな国はフィリピンです。目指せ、目標月1万PV!

肩を壊さないために 第1弾 (野球)

こんにちは、もすてぃんです。

 

今日は、「フォークボールの投げ方」以来の野球の記事を書いていこうと思います!

f:id:Mostin:20190410201441j:image

 

肩を壊している、肩が痛い、痛くならないように予防したい」といった方、是非読んで頂いて参考にしてください。

 

私は小学4年生から高校3年生までずっとピッチャーをしてきました。

 

その間に肩を3回程壊し、計3ヶ月程投げられない日々を過ごしました。

 

今も草野球をしていますが、痛みがまだ残ります。

 

なので投げられない苦しみも分かりますし、皆さんにも出来るだけ肩を壊さずプレーして欲しいです。

 

さて、本題に入ります。

 

ずばり、肩を壊さないために

①ストレッチは入念に

②インナーマッスルを鍛える

③正しい投げ方を身につける

この①〜③が肩を壊さないために最も重要だと思います。

 

それでは詳しくいきます。

 

ストレッチは入念に

練習前にはどのチームでも、ストレッチをすると思います。

特にピッチャーの場合はより意識し、キャッチボール前にも肩を伸ばし、徐々に力を入れて投げていってください

また、ストレッチにより可動域を広げることもできるため、必ずするべきです。

できれば体が暖まっており、筋肉が伸びやすいお風呂後にもやってほしいですね!(肩に限らず)

なおストレッチをする際、強くやりすぎると逆効果なので、程よい力でやってください。

 

具体的にストレッチを紹介していきます。

1つ目

f:id:Mostin:20190410200400j:image

よくあるやつです。笑

しっかり肩が伸びるよう意識してください。

 

2つ目

f:id:Mostin:20190410200415j:image

これもよくあるやつ。

これまたしっかり伸ばしてください。

 

最後、3つ目

f:id:Mostin:20190410200430j:image

f:id:Mostin:20190410200441j:image

右腕を写真のように後ろにし、左手で右腕を前に引きます。

これはあまり力を入れずに、肩の後ろ側が伸びるように意識してください。

 

最低限この3つはやるべきかなと思います!

 

他にもポールなどを使ったストレッチ等もありますが、物を使わないストレッチを紹介しました!

 

*親御さんへ

私は小学生の頃、平日の練習がない日も毎日外で野球をして遊んでいました。

その遊びの時には、特にストレッチもせずビュンビュン投げまくり、肩にダメージを与えまくっていました。

幼い頃のダメージは、大きくなるにつれてから効いてくると私は考えています。

なので、ボールを投げる前にはストレッチをし、初めは近距離から徐々に肩をつくっていってください。(絶対。)

 

長くなってしまったので、②〜③については明日書きたいと思います!

 

ありがとうございました!!